矯正歯科

Case.01

今回はMTMという治療方法をご紹介したいと思います。MTMとは一部分の矯正のことです。

左の写真に写っている左から3番目の歯茎に埋まっている歯ですが、この写真には写っていませんがもう一本この横に歯が存在しておりました。が、残念ながら虫歯の進行状態で抜歯になりこのような隙間が空いている状況でした。

この埋まっている歯をどうにか生かしたい!との患者様の希望で、歯を引っ張り出して移動させそれを土台にして被せるという方法で患者様も同意して頂き方針が決定しました。

右の写真が完了した状態です。とても自然な状態で並んでるのがお分かりになると思います。

このようにご自身の健康な歯を抜かずに移動させる治療もございます。どなたにも、当てはまるわけではございませんので、もし気になる所がありましたら、拝見させて頂いてベストな治療をさせていただきますのでお気軽にご連絡くださいね

特徴 部分的な矯正が可能。短期間で治療完了。全額矯正に比べ治療費が安価。抜歯の必要が無い。
リスク すべての人に適応できるわけではない。後戻りの可能性。
価格 症例による。

Case.02

部分矯正(MTM)の症例

歯肉縁下で歯が割れてしまったり、虫歯があったりした所を、歯を引っ張りだして歯肉縁上に出し治療する事です。
被せる時に、少なくとも歯肉縁より上方にご自身の歯が残っていないと、その被せ物は周りの歯肉が腫れ続けたり、脱離を繰り返します。

歯肉縁下の治療は難しく、回復も遅いため、最悪抜歯のケースもあります。その歯を矯正的に縁上に出す事で、その後の被せ物の予後を良くする事を期待したり、抜歯になる歯を保存できる可能性が出てきます。

治療前 治療後

主訴

転んで前歯をぶつけ、右上前歯を破折してしまった患者さんです。

実は、左上の前歯も歯肉縁下で破折してました。
左上は破折線が歯肉縁下まで達しており、このままでは被せる事はできません。

そこで隣在歯にワイヤーを引っかけ、ゴムの力で歯を引っ張りだしました。
⇒エクストリュージョン(挺出)

特徴 部分的な矯正が可能。短期間で治療完了。全額矯正に比べ治療費が安価。抜歯の必要が無い。
リスク すべての人に適応できるわけではない。後戻りの可能性。
価格 症例による。

診療メニュー

治療の目標を共有し、患者さまと共に二人三脚で歩んでいく姿勢が重要だと思います。 患者さまに合わせて治療期間、治療費、治療内容をご説明いたします。
そして、いくつかの選択肢の中から患者さまに一番あった治療法が選べるように私たちがお手伝いいたします。

初めての方へ

初めての方へ